憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

朝日新聞5月1日 (鎌倉市)

f0031250_1742594.jpg

9条変えたい?変えたくない?

2006年05月01日


 多くの若い人たちが関心を示し、シールを張っていた=JR鎌倉駅前で

  あなたは憲法9条を変えたいですか、変えたくないですか――JR鎌倉駅前で30日、道行く人々に憲法9条について改定の賛否を問う意見投票があった。

  道ばたに掲げられた白い紙のボードが投票箱。改定に賛成、反対、わからないに3分されている。「あなたの意見表明をお願いします」の呼びかけに応じた投票者が赤、青などのシールを次々に張っていった。投票は夕方の1時間で、総数288票、改定に反対が251票、賛成22票、わからない15票だった。

  年配と若い男女が多く投票していた。一方で、「憲法9条ってなに」と話しながら通り過ぎる人もいた。

  意見投票は岡山大学の野田隆三郎名誉教授ら13人が呼びかけ、憲法記念日を含む29日から5月3日まで全国70市町区で開かれている。

  この日投票を呼びかけたのは、日曜日ごとに戦争への抗議の歌声を続けている「ピースキャンドル」の人たち。県内では横浜、横須賀、茅ケ崎、藤沢、相模原、平塚、座間市でも実施。結果は首相、衆参両院議長に届ける。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 18:00 | 新聞記事 関東