憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

朝日新聞5月1日(徳島市)

f0031250_10193363.jpg
憲法9条改正 反対が7割超

駅前でのシール投票。憲法改正の賛否に219人が投票した=JR徳島駅前で
 憲法9条改正に賛成ですか、反対ですか――。5月3日の憲法記念日を前に市民団体「とめよう戦争への道! 百万人署名運動県連絡会」が30日、JR徳島駅前で賛否を問うシール投票を実施した。 同会のメンバー5人が午前11時から午後1時まで、9条の条文が書かれたチラシを配りながら、投票を呼びかけた。投票総数は219票で、賛成20票、反対166票、わからない33票。反対が7割を超えた。 同会の矢野和友共同代表(75)は、「改憲の流れが既成事実化されているが、多くの人は憲法9条を評価していることがわかった」と話した。 シール運動は29日から5月5日まで、全国約70の市区で実施され、結果は小泉首相に郵送する予定。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:58 | 新聞記事 中四国