憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

Japan Times 5月4日

Constitution survey shows 77% oppose changing Article 9

Seventy-seven percent of the public is against revising the Constitution's war-renouncing Article 9, according to the results of a street survey released Wednesday by a citizens group.

Of the 28,169 people polled, 21,652, or 77 percent, opposed revision, 3,270, or 12 percent, supported revision, and 3,247, or 11 percent, had no opinion, the group said.

The survey started Saturday and ended on Wednesday, which was Constitution Day -- the day the Constitution was promulgated on May 3, 1947.

In the survey, people were stopped at 72 street locations in 33 of the 47 prefectures and asked to put a seal on a board to indicate their position on amending Article 9.

The group, led by Ryuzaburo Noda, professor emeritus of mathematics at Okayama University, said the survey results clearly show that the people do not want the war-renouncing article to be revised.

Noda said he "would like to see Japanese politicians defend Article 9 and contribute to global peace."

The group said it will mail the survey results to Prime Minister Junichiro Koizumi, House of Representatives Speaker Yohei Kono and House of Councilors President Chikage Ogi.

In October 2005, the ruling Liberal Democratic Party completed a draft for a new constitution that rewrites the preamble and inserts several new clauses, including one officially allowing Japan to possess a military for self-defense that can also take part in international security operations and keep public order at home in emergencies.

The Democratic Party of Japan, the main opposition party, proposed its own amendments the same month, calling for the Constitution to stipulate Japan's right to defend itself and to allow the country to use the minimum level of force needed.

Article 9 of the postwar Constitution says: "Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

"In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized."
The Japan Times: Thursday, May 4, 2006
(C) All rights reserved

翻訳
憲法9条街頭意見投票で改定反対が77%

戦争放棄を定めた憲法第九条を改定することに反対の市民が77%にのぼることが、街頭意見投票を行った市民グループが4月3日(水曜日)に発表した結果でわかった。

この市民グループによると、投票した28,169人の市民のうち、77パーセントに当たる23,652人が改定に反対、12パーセントの3,270人が改定支持、11パーセントの3,247人がわからないだった。

この意見投票は4月29日(土)から始め、5月3日(水)に終えた。最終日は憲法記念日、憲法が施行された日1947年5月3日にちなむ日だ。

意見投票は全47中33都道府県の72ヵ所の街頭投票所で通行人に足を止めてもらい、第9条改定に対する自分の意見を示すのにシールをボードに張ってもらって行われた。

岡山大学名誉教授(数学)の野田隆三郎さんが先頭に立って活動しているこのグループは、意見投票の結果は戦争放棄条項改定を国民は望んでいないことを明確に示していると言っている。

野田さんは「日本の政治家たちには第9条を守ることによって世界平和に貢献してもらいたい」と語った。

グループによると、この意見投票の結果は小泉純一郎首相、河野洋平衆議院議長、扇千景参議院議長に郵送するとのことだ。

与党自由民主党が2005年10月に完成した新憲法草案では、前文を書き換え、新条項を追加している。追加条項の中には、日本が自衛のための軍隊を所持することを公式に認める条項があり、日本軍は海外での治安維持活動に参加することも、国内では緊急時の治安維持にあたることもできるとしている。

野党第一党の民主党は、同月独自の改憲案を提示したが、憲法で日本の自衛権を明記すること、必要最小限の武力行使を認めること、を求めている。

戦後作られた憲法第9条には次のように書かれている。「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

ジャパン・タイムス:2006年5月4日(木)

(翻訳:寺尾光身)
[PR]
by tohyou | 2006-05-04 19:48