憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

ヒバクシャの9条意見投票 2

◆宮永 龍馬(広島被爆、76歳、岩手県)
1.反対します
2.戦争を否定し放棄し、そして軍備及び交戦権までも否認をきちんと表わした、世界に誇れる、そして訴えることのできる、これほどすばらしい憲法9条を変えるという考えや思いが、どうして起こって来るのか、まったく分からない。平和を願う、もっともすばらしい真実の内容ではないか。絶対に変えてはならない!

◆三輪 博志(長崎被爆、78歳、長崎県)
1.反対します
2.長崎で被爆した私たちにとって、悲惨な原爆を再び使用し使用させるような国には絶対させてはなりません。世界中がそれを望んでいるはずです。9条は日本の、世界の誇りです。

◆百瀬 源司(広島被爆、88歳、長野県、農)
1.反対します
2.私は昭和14年(1939年)軍人として戦争の苦しい体験をし、1945年には広島に原爆投下にて、私たちは人類が初めて体験した核兵器のおそろしさを忘れることは出来ません。
憲法9条を変えることは絶対反対。憲法9条を守り、核兵器も戦争もない平和の世界の来ることを、心から願って頑張ります。

◆茂呂 祐三(広島被爆、84歳、茨城県、なし)
1.反対します
2.戦後60年余もこの9条を遵守して、戦争も起こすことなく平和を護り続けて来た、世界に誇る平和憲法であるから。

◆安井 晃一(広島被爆、82歳、北海道)
1.反対します
2.日本の憲法は、世界の国々から、「日本の9条のように、それぞれの国が努力しなければならない」という声が年毎に大きくなって来ております。世界の指標を、日本みずから破壊することは、世界の平和と安全を望み、その運動を進めている各国の先駆者に対する背信行為になります。

◆山内 悦子(広島被爆、78歳、新潟県)
1.反対します
2.再び核兵器、原子爆弾の使用を許さない、戦争を許さない。現在も各地、イラク、イラン、その他で起きている戦争、(テロ)多くの人々の“死”を見て、9条を世界に広めたい。

◆山口 洋一郎(長崎被爆、75歳、長崎県)
1.反対します
2.憲法9条を目してマッカーサーの押しつけ条項、手も足もない丸腰条項、敗北主義の条項などと自嘲する人が今でもいます。自嘲者は自分が何を言っているのか分っていない人々です。「歯には歯を」の論理は一見誰にでも分り易い論理に見えて非常に危険な動物的論理です。被爆体験がそのことをありありと私に教えました。
9条こそは日本国民ばかりでなく全人類の宝として死守するに値する至高の原理であると思います。

◆山口 柳実子(長崎被爆、61歳、長崎県)
1.反対します
2.そもそも「自衛隊」の存在すら認めたくない気持ち。絶対に、武力で事を解決することは、お互いに不幸な結果しか残らないはずです。

◆山田 拓民(長崎被爆、74歳、長崎県)
1.反対します
2.憲法改「正」の論拠に、憲法と現実との乖離が指摘されることがあるが、そうなった基本的要因は、占領軍による強制だったことを忘れてはならない。警察予備隊の創設、レッドパージ、公務員からの労働基本権の剥奪……みんな、そうなのだ。
改憲阻止とともに、蹂躙された憲法の復権をはかりたい。

◆吉田 一人(長崎被爆、74歳、東京都)
1.反対します
2.非武装、非戦の憲法9条は「ヒロシマ、ナガサキをくり返さない」の誓いが原点。9条をこわすことは、被爆者の願いを否定すること。そして「戦争被害受忍」政策が新しい戦争とともに、まかり通ることになるでしょう。
被爆者は9条によってこそ、生きているのです。

◆吉冨 安美(長崎被爆、77歳、佐賀県)
1.反対します
2.9条の原文もお知らせください。勉強不足で内容がよく分かりません。

◆吉永 正子(長崎被爆、75歳、福岡県)
1.反対します

◆匿 名(長崎被爆、70歳、東京都、自由業)
1.反対します
2.戦争を絶対にしてはいけない。

◆匿 名(広島被爆、77歳、女、ナシ)
1.反対します
2.現憲法は戦争は絶対しない、真の平和を誓ったものですから、〔変えることには〕反対します。



  
[PR]
by tohyou | 2003-05-11 06:59 | ヒバクシャの9条意見投票