憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

カテゴリ:長崎でのシール投票( 1 )


投票結果
 9条を変える     24人
     変えない  470人 
    わからない   41人
2006年3月26日付 長崎新聞(実際の記事は写真入りです。次ページをご覧ください)

「シール投票」でPR 5月の「9条フェスタ」
 平和憲法を守る思いを発信する「ながさき9条フェスタ」の開催をPRしようと、市民グループなどでつくる同フェスタ実行委が二十五日、長崎市浜町のベルナード観光通りで「憲法9条を考えよう市民シール投票」の街頭行動を展開した。
 同フェスタは憲法記念日の五月三日、「憲法9条を守り、世界に広げよう」をテーマに、同市の長崎水辺の森公園で開く。ステージイベントやバザー、「9条を守ろう市民平和大行進」などを実施する。
 この日のシール投票は、「憲法9条を考えよう」と書いた投票板に、「変える」「変えない」「分からない」の三択で買い物客らにシールを張ってもらう意識調査。一時間の投票の結果、「変えない」(四百七十人)「分からない」(四十一人)「変える」(二十四人)―の順となった。
 実行委のメンバーの一人は「憲法をどうするか考える契機にしてもらおうと実施し、多くの人が参加してくれた。被爆地だけに『変えない』と思う人たちが多いのではないか」と話した。
[PR]
by tohyou | 2004-03-07 11:18 | 長崎でのシール投票