憲法9条改定の賛否を問うシール投票を全国的に行います


by tohyou

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧



 
f0031250_1831251.jpg

[PR]
by tohyou | 2006-04-30 18:41 | 新聞記事 九州沖縄
f0031250_1742594.jpg

9条変えたい?変えたくない?

2006年05月01日


 多くの若い人たちが関心を示し、シールを張っていた=JR鎌倉駅前で

  あなたは憲法9条を変えたいですか、変えたくないですか――JR鎌倉駅前で30日、道行く人々に憲法9条について改定の賛否を問う意見投票があった。

  道ばたに掲げられた白い紙のボードが投票箱。改定に賛成、反対、わからないに3分されている。「あなたの意見表明をお願いします」の呼びかけに応じた投票者が赤、青などのシールを次々に張っていった。投票は夕方の1時間で、総数288票、改定に反対が251票、賛成22票、わからない15票だった。

  年配と若い男女が多く投票していた。一方で、「憲法9条ってなに」と話しながら通り過ぎる人もいた。

  意見投票は岡山大学の野田隆三郎名誉教授ら13人が呼びかけ、憲法記念日を含む29日から5月3日まで全国70市町区で開かれている。

  この日投票を呼びかけたのは、日曜日ごとに戦争への抗議の歌声を続けている「ピースキャンドル」の人たち。県内では横浜、横須賀、茅ケ崎、藤沢、相模原、平塚、座間市でも実施。結果は首相、衆参両院議長に届ける。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 18:00 | 新聞記事 関東
f0031250_106353.jpg
9条改正で街頭投票 松山



 憲法と教育基本法の改正に反対する 「とめよう戦争への道! 百万人署名運動県連絡会」 は30日、松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋前で、ボー ドに赤いシールを張って9条改正の是非を問う街頭投票を呼びかけた。 500人を超える市民が応じ、7割近くが反対票を投じた=写真。 投票は、憲法改悪への動きが速まっていると危機感を持った安斎育郎・立命館大学教授らが、市民の手で国民の思いを確かめようと呼びかけた。 連絡会によると、5月3日の憲法記念日までに全国32都道府県の70地点で投票を呼びかけ、その結果を小泉首相らに届ける計画だ。 この日の投票総数は525にのぼり、反対366票、賛成63票、わからない96票との内訳になった。 反対に票を投じた高校2年生の3人 連れは「自分たちも、将来の世代も、戦場に行ってはいけないんです」 と声をそろえた。 連絡会の西野陽子さん(48) は「9条改悪の動きがあるのを 知ってもらうよう努力していきたい」 と話していた。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:59 | 新聞記事 中四国
f0031250_10193363.jpg
憲法9条改正 反対が7割超

駅前でのシール投票。憲法改正の賛否に219人が投票した=JR徳島駅前で
 憲法9条改正に賛成ですか、反対ですか――。5月3日の憲法記念日を前に市民団体「とめよう戦争への道! 百万人署名運動県連絡会」が30日、JR徳島駅前で賛否を問うシール投票を実施した。 同会のメンバー5人が午前11時から午後1時まで、9条の条文が書かれたチラシを配りながら、投票を呼びかけた。投票総数は219票で、賛成20票、反対166票、わからない33票。反対が7割を超えた。 同会の矢野和友共同代表(75)は、「改憲の流れが既成事実化されているが、多くの人は憲法9条を評価していることがわかった」と話した。 シール運動は29日から5月5日まで、全国約70の市区で実施され、結果は小泉首相に郵送する予定。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:58 | 新聞記事 中四国
f0031250_15434726.jpg

[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:51 | 新聞記事 北海道

f0031250_1849391.jpg

[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:50 | 新聞記事 関東
f0031250_17233027.jpg
「9条改正」市民に聞く

2006年04月30日


 ■10代も「シール投票」■
 ~彼氏に戦争行ってほしくない / 何のこと?~

 5月3日の憲法記念日を前に、憲法9条改正の是非について、市民が市民の声を街頭で拾う「シール投票」が29日、金沢市中心部であった=写真。3日、石川厚生年金会館(同市石引4丁目)である「九条の会・石川ネット」の集会で結果を発表する。

 シール投票を実施したのは、金沢市の主婦小原美由紀さん(41)ら有志5人。「賛成」「反対」「分からない」の三つに区切られたボードを持ち、金沢市の繁華街を歩く人たちにシールをはってもらった。投票者の3分の一が選挙権を持たない10代だった。

 友人3人と共に「反対」にはった同市内の小学5年多田麻夏さん(10)は「1度憲法で戦争をしないと決めたのだから、変える必要はないと思う」。私立高1年の女子生徒(16)も「彼氏に戦争に行ってほしくない」と「反対」した。

 一方、「分からない」と答えた人も少なくない。加賀市の会社員米林沙希さん(20)と大学生高橋美和さん(20)は「いきなり9条と言われても、何のこと?という感じ。憲法記念日もお休みの日という感覚」と話した。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:49 | 新聞記事 北陸信越

北陸中日新聞4月30日

f0031250_10351932.jpg

[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:47 | 新聞記事 北陸信越
f0031250_9565063.jpg
9条変える?変えない?/「全国意見投票」

投票者の多くは、ホワイトボードの前で一歩立ち止まった後に投票シールをはった=岡山市表町2丁目で
 5月3日の憲法記念日を前に、憲法9条について、市民の考えを市民自ら調べる「憲法9条を変える?変えない?全国意見投票」が29日、岡山市表町2丁目の天満屋岡山店前で実施された。 野田隆三郎・岡山大名誉教授や元レバノン大使で外交評論家の天木直人さんら13人がインターネットなどで呼びかけ、5月3日までに32都道府県70市・区で実施される。結果は全国集計して小泉首相と衆参両院の議長に届けるという。 投票では、9条を変えることについて「賛成」「反対」「わからない」から一つを選んでもらう。この日は約2時間の間に529人が投票。「賛成」82人、「反対」364人、「わからない」83人だった。 野田名誉教授は「憲法改正の動きは政治の世界では高まっているが、市民の考えは政治に同調していないのではないか」と話した。 30日は倉敷市内で投票を実施する予定。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:45 | 新聞記事 中四国
中日新聞 06.04.30 岐阜県版

憲法九条の改定に
大垣8割以上反対

 憲法記念日(五月三日)を控え、戦争放棄と戦力不保持をうたった九条改定の賛否を問う街頭調査「憲法9条、変える?変えない?全国意見投票」が二十九日、各地で始まった。県内ではこの日、大垣市と池田町で実施、三十日には多治見市と垂井町でも繰り広げられる。
 調査は「賛成」「反対」「分からない」の三者択一で、パネルにシールを張り付ける方式。大学教授や市民団体代表ら計十二人が呼び掛け人となっている。大垣市のJR大垣駅前で調査を実施したのは、「西濃憲法集会2006実行委員会」。高校生や会社員など約四百七十人が、次々にシールを貼り付けた。この会場では八割以上が反対の姿勢を示したという。街頭調査は全国七十カ所以上で五月三日まで順次展開、四日に調査結果を集計する。
[PR]
by tohyou | 2006-04-30 17:41 | 新聞記事 中部